こんばんは、朝日杯フューチュリティステークスの予想を述べていきたいと思います。
現時点での単勝オッズは②グランアレグリアが1倍台と抜けておりますね。馬、騎手、厩舎、馬主、生産者どれをとってもケチのつけるところがありません。過去のレースを見ても強いの一言です。無理に穴狙いするのは危険かもしれません。ですので対抗馬として1頭挙げたいと思います。
週半ばの記事では⑬二ホンピロヘンソンを穴馬として挙げましたが、外枠になってしまったので評価を下げたいと思います。また⑤マイネルサーパスの前走の走りはとても魅力的です。グランアレグリアを負かすならこの馬かなとも思いますが、秋のG1の騎手などの傾向からは正直、手を出しづらいです。

私が選んだ対抗馬はローテーションが嫌われて現状4番人気、単勝10倍以上のオッズがついております。3か月以上レース間隔が空いているので未知数な部分がありますが、上り最速馬が毎年好走するレース傾向と合っております。また馬、騎手、厩舎、馬主、生産者どれをとってもケチのつけるところがありません。ひょっとしたらすごく成長している可能性にかけてみたいです。


対抗馬の名前は競馬ブログランキングに掲載してあります。
ぜひ、下記バナーをクリックお願いします。


中央競馬ランキング

続きを読む